ホットヨガはダイエットや便秘に効果があるということで注目を集めていますが、生理中に行うとあらゆる点で身体に良い影響があります。生理中は、どうしても全身がだるくなったり冷えの症状を起こしがちですが、ホットヨガを行うことでこれらの症状が改善できるのです。

 

その理由として、身体の代謝が上がることが挙げられます。代謝が上がりますと、体温が上昇し、体が温まりますので冷えが改善されます。それだけではなく、発汗作用を促すことでデトックス効果にも繋がり、身体のだるさも改善できるわけです。こうしたホットヨガの効能は、生理中の女性だけではなく、妊娠中の女性にもおすすめです。妊娠中にはあまり激しい運動ができないこともあり、どちらかというと太りやすくなりますが、ホットヨガを始めることで適度な運動になりますので、程よく汗をかくことができ妊娠中には避けたい冷え性も防ぐことができます。

 

このように、生理中でも妊娠中でもメリットがあるホットヨガですが、他にもさまざまな効能があります。生理中は身体のだるさもさることながら、肩こりやむくみなどの症状もあらわれがちです。こうした生理中特有の症状も、ホットヨガを行うことで改善されることがわかっています。程よく身体を動かすことにより、血流が促進されますので血行が良くなってむくみやコリの症状が和らげられるのがその理由です。特に生理中の場合、生理痛の症状があらわれる場合もありますが、こうした症状も血行が鈍くなっていることによって起こりますので、それを改善させるためにはホットヨガをおすすめします。

 

妊娠中の方や生理中の方にとって最も大敵となるのが便秘ですが、ホットヨガは便秘の改善も期待できます。