はじめてホットヨガをするときは、まだ専門的なウェアを持っていないという人も多いと思います。いま持っている服でも、ホットヨガに使える服もあるので、まずはそういった気軽な服装でチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

1)タンクトップ+短パンスタイル
ホットヨガのウェアで気を付けたいのは、普通のヨガよりはだいぶ汗をかくということ。薄めの生地で、できれば上は袖なしや半袖、下も裾の長くない短パンなどがおすすめです。ホットパンツほど短い必要はありません。膝上くらいがゆったり感もあるし、少し激しい動きでもめくれあがったりする心配がなく、ちょうどよいかもしれません。

 

2)締め付けない生地
ホットヨガ中の動きやすさや、ホットヨガが終わった後の脱ぎやすさも考えると、あまりピタッとしていない生地がおすすめです。締め付けがきつすぎると、初めての人にとっては、ホットヨガ中に気分が悪くなってしまうこともあるようです。

 

3)ブラトップは便利
ユニクロなどに売っているブラトップは便利です。普通の服の時と同じように、ブラ+Tシャツやタンクトップでも問題はないのですが、動いているときに締め付けや違和感を感じたり、汗ですれたりしてしまうこともあります。また、スポーツウェアブランドから販売されているスポーツブラのようなものもありますが、色柄が派手だったり、他の機会に使い道がなかなかなかったりもします。ブラトップなら日常生活でも普通に使えますし、ホットヨガと兼用できるので便利だと思います。

 

4)レギンスはNG
レギンスは伸縮性もあり、黒い生地も多いので一見ヨガ向きのようにも思えます。しかし、そもそも防寒対策用の下着なので、ホットヨガ中に着ていると想像以上に暑くなります。生地は薄目ですが、使わないことをおすすめします。